痩せ菌を飲み物やスープで増やしましょう!

 

今話題のバターコーヒーやスープレシピを教えます!

 

痩せ菌が飲み物で増えるんですっ!

痩せ菌を飲み物で増やす!
痩せ菌が増える飲み物

 

最近、腸内の菌など話題になっていますが、それって何!?と思う方に、ちょっとだけ説明します。

 

腸内には善玉、悪玉、日和見という3種類の菌が存在しています。

 

善玉菌 身体によい菌の事で、乳酸やビフィズス、麹菌などがそれです。
悪玉菌 身体に悪い菌で、ピロリや大腸菌がこれにあたります。
日和見菌 善玉にも悪玉にも化ける菌です。

これら3種類の菌が生息する腸内の事を腸内フローラとも呼びます。

 

痩せやすい、太りにくい、太っていない人というのはこの中で善玉、要するに痩せ菌が多いんです。

 

逆に、太っている人、太りやすい人は悪玉、つまりデブ菌が多いという事になります。

 

痩せる・ダイエットするためや、腸内環境や体質改善にはこの善玉菌を増やす必要があるんですね。

 

テレビなどでいろいろと話題になっているので、試している人も多いと思います。

 

ここでは善玉菌を増やすと言われる飲み物をご紹介します。

  • 飲むヨーグルト
  • ミルミル
  • ヤクルト
  • ビフィーナ
  • コンブチャ
  • 豆乳
  • 牛乳
  • バターコーヒー

乳酸菌ドリンクといえばヤクルト!(笑)

 

乳酸菌ドリンクは腸内の善玉菌を増やす飲み物として長く親しまれていますね。

 

最近ではコンブチャという飲み物もあります。

 

昔は紅茶キノコといわれていました。

 

ちょっと前にコンブチャドリンクが流行って、芸能人も愛用していました。

 

豆乳や牛乳も善玉菌を増やすという研究成果があるんです。

 

これらの飲み物って、簡単にスーパーやコンビニで買えますね。 (コンブチャ以外)

 

だから、わざわざテレビで紹介されたような食べ物を作ったりしなくても、簡単に購入できるこうした飲み物で善玉菌を増やすことができるんです!

 

ぜひ、こうした飲み物を日ごろから飲むようにして太りにくい身体作りをしてください!

 

 

痩せ菌がバターコーヒーで増えるとブームになってます!

痩せ菌がバターコーヒーで増えると話題です。
バターコーヒー

 

バターコーヒーって知っていますか?

 

世界の果てまでイッテQ!で紹介されて以来、ダイエットに良いとか、元気になるとか、有名人も飲んでいるとか、巷でいろいろと噂になっています。

 

このバターコーヒーに善玉菌を増やす効果が期待できるのだそうです。

 

そもそもこのバターコーヒーというのは、チベットのバター茶がルーツのようです。

 

アメリカ人のある男性がチベットでこのバター茶をふるまわれ、元気になったのだそうです。

 

帰国後、あらゆるバターを試し、グラスフェッドバターにカビ毒の少ない良いコーヒー、さらにココナッツオイルから抽出したMCTオイルを加えた完全無欠コーヒーが誕生しました。

 

なぜバターコーヒーが善玉菌を増やすのか?

 

コーヒーとココナッツオイルの成分がデブ菌の働きを抑え、痩せる菌にエサを与え、バターが腸の働きをサポートするのだそうです。

 

バターコーヒー作ってみたいですよね?(笑)

 

先も書きましたが、ただのバターをコーヒーに入れてもダメです。

 

  • 新鮮なコーヒーカップ1杯
  • 無塩AOCバター(グラスフェッドバター)大さじ1杯
  • ココナッツオイル大さじ1/2〜1杯

コーヒーの油が必要なので、できれば引き立てのコーヒーでフレンチプレスを使うことが望ましいです。

 

AOCバターは成城石井などで売っています。

 

飲む時間などは決まりはないのですが、朝にコーヒーを飲む人が多いと思います。

 

でも、朝作るの面倒ですよね…。(-_-;)

 

実はファミマにバターコーヒーが売っているのです。(笑)

 

自分で新鮮なバターコーヒーを作ることが本当は望ましいのですが、忙しい人はファミマのバターコーヒーをお手軽に試してみてもいいかもしれません。

 

 

>> 実は、痩せ菌はサプリで簡単にとれちゃう!おススメランキングをチェック!

 

痩せ菌はスープで増やす!ダイエットもできちゃいます!

痩せ菌スープで痩せる!
スープで痩せ菌を増やす

 

今、腸内環境を良くする菌を増やす事がブームですね。

 

テレビ番組などでも取り上げられていますし、雑誌や書籍も増えてきました。

 

腸内フローラを改善するためには、以下のような食材を取る必要があります。

食物繊維 大豆などの豆類、キャベツ、ゴボウなどの野菜類、ヒジキなどの海藻類、キノコなどの菌類
発酵食品 みそ、酢、しょうゆなど
オリゴ糖・糖アルコール りんご、たまねぎ、ゴボウなど

 

こうした食材を一つ一つ調理していくよりも、スープでいっぺんに多くの食材を取る方が効率的です。

 

スープの作り方はめちゃくちゃ簡単です。

 

スープに入れる材料は↑の食材をできるだけ多く入れるだけです。(笑)

 

ミネストローネスープがベストですね。

 

大豆系、たっぷり食物繊維入りの野菜、キノコなんでもぶち込んでOKです!

 

味付けも塩と胡椒だけでも十分です。

 

もしくはトマトを入れてトマトのミネストローネもおすすめです!